Loading

米吉ブログ

夕顔棚


 

梅雨に入り、ジメジメとしてきました(・・;)

今月は歌舞伎座 第2部において『夕顔棚』の里の女 を勤めさせていただいております。お揃いの浴衣に花灯籠を頭に乗せ、裾を絡げた、盆踊りの夜らしい姿です。

この『夕顔棚』という作品は歌舞伎としては新しく、昭和26年生まれの作品。

川尻清潭が「たのしみは夕顔棚の下涼み 男はててら 女はふたのして」という和歌や、英一蝶久富守景などの、夕涼みを題材とした色々な日本画に着想を得て作られた舞踊だとうかがっています。

里の男と女の踊りに、クルッと回る振りがついていますが、お師匠さん曰く、当時流行っていたダンスのジルバ に影響を受けた振りなんだそうです。

そんなモダンな振りがついているなんて、戦後すぐ生まれの作品ならではですよね!

 

さて、今月僕の身長を高めてくれている花灯籠。

台本のト書きによると、京の風俗らしいのですが、登場人物は皆「~だぁよ」とか「~もらうべ」などおよそ関西の方言とは思えない言葉を話します。

きっとこの作品の舞台は、正確にどの地方、ということでなく、日本人の原風景というか、誰もが心の中に持っているふる里 らしい景色なのかもしれません。

帰郷もしにくく、夏祭りや盆踊りも難しいコロナ禍の今だからこそ是非ともご覧いただきたい作品だなと感じています。

 

ちなみに、拵えをした状態でお辞儀をすると確実に相手の顔に花灯籠が当たり、攻撃することになりますのでみなさんもお気をつけくださいね(笑)

 

 

米吉でした。

◆事務所所属のご報告◆

◆マーダーミステリーシアター『演技の代償』◆

関連記事

  1. あがり!

    2017.07.30
  2. ◇インタビュー掲載情報◇

    2020.06.19
  3. 梅の由兵衛

    2017.12.18
  4. ◆事務所所属のご報告◆

    2021.06.12
  5. 至高の華

    2013.08.09
  6. メイドさん?

    2018.09.21

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    •  たえちゃん。
    • 2021年 6月 19日

     米吉様

    まあ、なんと可愛らしい「里の女」。ほんとは田舎の女のはず?が、米吉ちゃんにかかればすごく上品。
    千穐楽のチケットとりました。楽しみー。でも……
    先月の片はずし、臈たけたお局様は自粛したので、どうしても行きたいのですがーー(まんぼうになったのでいいのかな……)
    うーん、まだ悩んでいます。
    早く、ワクチン接種進んで、コロナ収束して、安心して遠征できますように。
    お父上様ともに御身お大切にね。

    • 千穐楽のご観劇ありがとうございましたm(__)m

      劇場へ足を運ぶことを躊躇させる今の状況が恨めしいですね‥
      一日も早く元の生活とは言わないまでも、世の中が落ち着いてくれることを祈るばかりです。

    • たけちゃん
    • 2021年 6月 20日

    お忙しい中、投稿ありがとうございます。
    緊急事態宣言は解除になりましたが、まだ先行きの見えない不安な日々が続いていますが、お写真を拝見しておりますと心が和みます。
    とても美しいお姿、まるで、日本画のようですね!
    踊りが、ダンスのジルバ に影響を受けた、モダンな振りと知り驚きました。
    夏祭りや盆踊りが難しいコロナ禍だからこそ、拝見したい気持ちでいっぱいですが、残念ながら、観に行く事ができません。
    遠くからですが、応援しておりますヽ(;▽;)
    P.S.歌舞伎初心者の私が入会していいものかと、ずっと迷っておりましたが、先日、『稲穂の会』に入会しました。
    より多くの舞台を拝見できればと、思っております^ ^

    • お陰様で千穐楽を迎えられました。
      ありがとうございましたm(__)m

      なかなか世の中落ち着かず、歯痒い日々です。
      一日も早くお気兼ねなく劇場へ足を運んで頂けるようになってくれればいいのですが…

      稲穂の会へのご入会誠にありがとうございます。
      時節柄催し事が開催しづらいのですが、何かしら工夫して少しでも会員の皆様との親睦を深められるような企画を考えたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

    • りお
    • 2021年 6月 21日

    今週末、歌舞伎座2部、3部観劇の予定なので、里の女姿の米吉さんを拝見できて良い事前学習になりました。5月は歌舞伎座が再開してから観に行けたのですが、5月前半の休演のため、観劇の日にはブロマイドがまだ売ってませんでした。今回、2部と3部の間、忘れずに、歌舞伎タワーに「局吉野」さんのブロマイドを買いに行こうと思います。「夕顔棚」楽しみにしています。お体ご自愛下さい。

    • 歌舞伎座ご観劇ありがとうございました。

      先月のブロマイドをわざわざ歌舞伎座タワーの売店までお求めにいらしてくださるんですね!
      ありがとうございます!

      追伸
      夕顔棚は一部でしたが、お書き間違いですよね…?

    • chie
    • 2021年 6月 26日

    今年は、あまり雨が降りませんね。でも、じめっとした暑さは、感じられて、あと少しで暑い日々になりそうですね。
    前回、拝見したときもかわいらしい老夫婦のやりとりにこちらもつい微笑んでしまいましたが、今回もやっぱり笑ってほのぼのとした気持ちになりました。

    里の方々の拵えは、とてもかわいらしくて、ずっと見ていたくなります。あの拵えで踊っているのも、振りも微笑ましくて素敵ですよね。おだやかに愛らしく感じられる時間がずっと最後まで続く演目でとても好きです。前回は、夜の一番最後の演目だったので楽しい帰り道でしたが、今回は、うれしい一日のはじまりでした。

    米吉さんと巳之助さんのお二人が踊っているのが、とてもかわいらしくて、仲睦まじさが伝わってきました。もっと見ていたかったです。

    来月の身替座禅の千枝も楽しみにしてます。
    コロナもありますが、暑くなってきましたので、お身体もお気をつけてくださいね。

    • 長雨が続くというより突発的なゲリラ豪雨が何度もあるような変わった梅雨ですね。

      夕顔棚はおおらかで、優しい空気感がとても素敵な作品ですよね。
      こんなコロナ禍の中だからこそご覧いただきたい作品でした。

      また来月も引き続き歌舞伎座に出演させていただきます。
      また劇場でお目にかかれますのを楽しみにしております。

PAGE TOP