Loading

中村 米吉

中村米吉

五代目 中村米吉

屋号:播磨屋
定紋:揚羽蝶


来歴
1993年(平成5年)3月8日 五代目中村歌六の長男として生まれる。
2000年(平成12年)7月 歌舞伎座『宇和島騒動』の武右衛門せがれ 武之助で父・歌六の前名を継ぎ、五代目中村米吉を襲名して初舞台
2010年(平成22年)9月の「秀山祭九月大歌舞伎」にて、父の五代目中村歌六、叔父の三代目中村又五郎(当時・歌昇)らと共に屋号を萬屋から播磨屋に戻す。
2011年(平成23年)から女形を志し、本格的に歌舞伎役者として歩み始める
2014年 (平成26年) 9月 名題試験に合格し、同年 11月26日名題適任証を取得
2015年 (平成27年) 8月 アメリカ ラスベガスで初の歌舞伎公演となる『鯉つかみ』に出演
2016年(平成28年) 5月 アメリカ ラスベガスにて新作歌舞伎『獅子王』に出演
2019年(令和元年) 6月 G20 大阪サミットにて『KABUKI 2019』を披露


受賞歴
2015年 『鳴神』の雲の絶間姫で十三夜会奨励賞


中村米吉ギャラリーサイト


当サイト内に掲載されている全ての写真の著作権は、松竹株式会社に帰属しており、その権利は著作権法により保護されています。事前に松竹株式会社から許諾を得た場合を除き、無断での使用・転載を禁止します。

PAGE TOP