双蝶会

早いもので、八月も終わりが見えてきました。
 
気がつけば九月になり、秋を迎えるのでしょうね。
 
 
さて、お陰さまを持ちまして『双蝶会』、どうにか終えることができました。
ありがとうございましたm(__)m
 
二回目となる従兄弟達の勉強会。
まずは今年も無事に終えられたこと、親族一門の一人として心より御祝い申し上げたいと思います。
 
今回の『車引』と『寺子屋』という演し物は、きっと叔父一家に思い入れのある物。
 
その『寺子屋』で 戸浪 を勉強させていただけたこと、本当に有り難く、従兄弟としてとても嬉しく思っています。
 



帽子付きの丸髷に栗梅の石持という時代物の女房姿。
ほぼ八月前半の人と変わりませんね。
今年の夏は『石持の夏』とでも名付けたいです(笑)

 
 
戸浪 も続けて時蔵のおじに教えていただきました。

 
息を詰め、一瞬たりとも気が抜けず、仕事も多く、ただただ苦しい。
 
噂には聞いていましたが、とてつもなく難しいお役だと痛いほど感じることができました。
 
 
余談ですが、文楽の方では 源蔵 が家に戻ってきてから 松王丸 一行が来るまでの、通称『源蔵戻り』さえ上手く語れれば『寺子屋』はどうにかなるといわれているそうです。
 
源蔵夫婦がどれだけこの物語の要なのか、良く分かりますよね………
 
 
 
 
悔しいかな、手も足も出ずに終わってしまいました。
 
 
とにもかくにも猛省し、今回の経験を少しでも糧にした上で、女方として少しでも前に進んでいかなくてはなりません。
 
そして、いつの日かまた機会を頂けた時に 少しでも成長できているように、精進して参ります。

 

 

 

今回はこの位で、半ば個人的な備忘録とさせていただきたいと思います。

 
また、この場を借りて改めて皆さんにお礼を申し上げたいと思います。
 
まずは、共に勉強する機会をくれた歌昇兄さんと種之助の会主二人。
 
経験者としてご助言くださった梅枝兄さん。
 
竹本として舞台を支えてくださった上、事前に色々な資料をくださり、ご助言くださった葵太夫お師匠さん。
 
ご監修くださった吉右衛門のおじさん。
 
 
そしてなにより、この夏を通じて何度も稽古場に足を運んでくださり、細かく、熱心に二つのお役をご指導くださった時蔵のおじに、心から御礼申し上げたいと思います。

 

 
 

 

もちろん、ご声援くださったお客様にも!
 
本当にありがとうございました。
 

 

米吉でした。