近習頭

新しい年も早いものでもう10日以上過ぎ正月気分もすっかり覚めきってしまいましたね(^o^;)

 
 
さて、先日もチラリと書きましたが、今月は新橋演舞場の右團次さんの御襲名、右近ちゃんの初舞台の披露興行に出演させていただいております    
 
 

昼の部のご披露は通し狂言『雙生隅田川

右近ちゃんが小さな体で 梅若丸松若丸 を早変わりで勤め、更には宙乗りまで披露しているんですよ!
 
 

そんな『雙生隅田川 』での僕のお役は、こちらの……

小布施主税 君。
 
殿様を喪い、天狗に若君を拐われ、家宝も紛失し、挙げ句の果てに御台所が狂ってしまうという大災難な吉田家で、忠義に働く健気な若者です。

 

このお芝居、 猿翁のおじさんが復活してから今回で四度目の上演。

復活狂言ならではですが、やる度に台本が違っています。

 
そんな中でこの 主税 が登場したのは、猿之助の兄さんが梅若、松若を勤められていた 1985年 の上演の時だけ。
 
 
そして、その時にこのお役をなさっていたのが、新・右團次さん。

右團次さんだけが勤めたことのあるこのお役を、御襲名で勤めさせていただくとは、何とも言えないご縁を感じますね。
 
更に今回は、右團次のお家とこのお芝居の縁を不肖私めが劇中口上にて披露させていただいております。。。
 
益々責任重大です!( ̄- ̄)ゞ

 

 

 
珍しく立役で締め括った昨年に引き続いてか、立役で始まる今年。
 
まだ半分以上ありますので、少しでも凛々しくかつ、華やかに、通し狂言の中での彩りとなれる様に勤めていきたいと思っております!
 

 
あ、松屋の地下で買った好物の唐揚げを若君様に差し上げなくては!
 

 

 

 
米吉でした