春爛漫

すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありませんm(__)m

ほぼ丸一ヶ月ぶりということになりますよね(^_^;)

 

ただ、今回はずぼらではなく訳があります!
 
近々当ホームページのリニューアルを予定しており、それに伴い少し更新控えていたんです。
 
とはいっても、まだリニューアルには時間がかかるんですけどね……(笑)

 
 
四月もまもなく終わりを迎え、桜も散って久しいですが、吉例でございますので今年も近所の桜を今更ながらお目にかけようと思います。

今年は咲きかけの頃や満開直後に雨が降り、残念ながらきれいな時期が短かった気がします……

それでも春らしい朗らかな気分をもたらしてくれました!

これは駅前の八重桜。

ソメイヨシノより遅いので、未だに花が残っています。

 

さて、9ヶ月ぶりの歌舞伎座では『伊勢音頭』の お岸 を勤めさせていただきました。

万次郎の恋人で、お紺の朋輩である油屋のお岸さん。

万次郎さんがこの娘に入れ揚げた所から物語が動くわけですから、言わば諸悪の根元です(笑)

今回、万次郎をお勤めになっていた秀太郎のおじさまに教えていただきました。

上方訛りにはじまり、台詞の心理など、細かく教えていただく中で、おじさまが寿海のおじさまの『伊勢音頭』で13才の時に お岸 を勤められた時のお話など、貴重なお話も聞かせてくださったんですよ!

本当にありがとうございましたm(__)m

また、夜の部では猿之助兄さんの『奴道成寺』で 所化 を勤めさせていただきました。

久々の坊さん姿ですので、お目にかけますね(´∇`)

そして千穐楽の集合写真!

たぶんみんないる、はず……(笑)

 
 

そんな四月興行もお陰さまを持ちまして昨日千穐楽を迎えられました。

 

ありがとうございました!

 

すでに昨日から来月のお稽古が始まっております。

 

昼は舞妓はん。

 

夜は犬塚信乃で、まさかまさかの大屋根の立廻りを勤めさせていただきます。
 
 

皆様何卒ご観劇のほどよろしくお願いいたします!!

 
 
 
 
米吉でした。