日課?

台風が去り、なんだか急に秋らしく、朝晩は冷えてきましたね。
 
先日は父の誕生日に皆さまからのお祝いのコメント。
ありがとうございましたm(__)m
返信が遅くなりましたこと、ご容赦ください。
 

さて、63歳と1週間になろうとしている父には今月ちょっとした日課があります。
それがこちら!

  
 
 
 
 

image

 
法螺貝のお稽古です!
 
お客様からもよく尋ねられますが、今月の『義経千本桜   大物浦』の幕切れ、 弁慶の引っ込みの法螺貝は、正真正銘、父本人が吹いております。
 
普段ですと下手の黒御簾で代わりに吹いてもらうのですが、父は初役の際に、気持ちがこもるからと、自分で吹き始めたそうです。
色々なやり方がありますが、あの引っ込みで弁慶本人が法螺貝を吹くのは自分位だ、と父は申しております。

 
ただ、この法螺貝はなかなかのくせ者で、ぼくもこっそりやってみましたが、なかなか綺麗な音が出ないんです!
 
ですから父も出の前に楽屋で一度吹くのを、日課にしてます。
 

でも、面白いもので、
楽屋で綺麗な音が出ると、舞台でうまく音が出なかったり……
楽屋で調子が悪いと、舞台でとてもいい音が出たり……
 
楽器というのは本当に難しいものですね。

 

ただこの日課、隣の鏡台で携帯いじったり、ボーッとしてるときにされると結構びっくりするんだよな……(笑)
 

 
さて、ここでちょっとお知らせを
 
昨年もやらせていただきました研修発表会を本年もやらせていだけることになりました。
 
演目は、なんと!
 
仮名手本忠臣蔵 七段目』 

従兄弟の歌昇兄さん由良之助
種之助平右衛門
そして私のお軽

と、播磨屋若手3人でさせていただきます。
そして、私と同い年の隼人廣松 に名題さん、名題下さんら、お弟子さんたちでの踊りが上演されます。

身に余る大役に今から緊張しておりますが、先輩方によく教わって、精一杯勤めたいと思っております。
何卒皆さまお誘いあわせの上、是非ともお運びください。
 
詳細を掲載しておきます。

第12回 伝統歌舞伎保存会 研修発表会

■主催
一般社団法人 伝統歌舞伎保存会

■開催日時
平成25年12月14日(土)
午後6時開演予定(終演予定 午後8時30分)

■入場料
2,000円(税込・自由席)

■場所
国立劇場(大劇場)

■上演演目・出演者(予定)
『仮名手本忠臣蔵-七段目-』
大星由良之助:中村歌昇
寺岡平右衛門:中村種之助
遊女 おかる:中村米吉
斧九太夫:中村吉三郎
鷺坂伴内:中村吉六
         
『乗合船恵方万歳』
藤間勘十郞振付
中村隼人、大谷廣松
中村吉之助、中村京蔵、中村吉五郎
中村蝶十郎、中村春花、中村東志也
中村蝶八郎、中村蝶一郎、中村蝶三郎

■担当理事/監修
中村吉右衛門

どうぞよろしくお願いいたします。
 

 
 

米吉でした