八千代座

昨日からの八千代座公演は先ほど無事終了致しました。

 

image

琴平の金丸座、小坂の康楽館と私にとっては三度目となる芝居小屋での公演。
やはり芝居小屋の雰囲気というものは得難いものがあります。

なにより客席と舞台の距離がこれでもかと言うほど近い。
それ故にでしょうか、沼津の前半のお客様の反応といったらすごかったですよ!

父なんかお客様に
 
おじいさん頑張って!!
 
と、背中をさすられたそうです(笑)

 

また八千代座で驚いたのがこちらの天井。

image

この鮮やかな物はみんな広告!
シャンデリアとあいまって、不思議な空間を演出してますね。

 

突然ですがここで問題です(笑)
この紋は一体なんでしょう!

image
正解は……

 

 

八つの千にヨ

つまり、八千代
 
八千代座の紋なんです。
これを発見した時はなんだかとても感激してしまいました(笑)
洒落てますよねー

 

 
さて、今日の八千代座公演が最後の地方公演。
千穐楽の川口での公演は我が家から通うことになっています。

 

思い返せばずいぶんあちこちへと観光できました。
七月も合わせれば相当の日数になりますが、初めての巡業を大変ながらも楽しんで勤められたかと思います。
 
2ヶ月に渡る旅日記へのお付き合いありがとうございましたm(__)m
 
また近いうちに再開することもあると思いますが、よろしくお付き合いください。

 

そういえば、今月の巡業最後の土地は九州は山鹿。
 
落ち着く先は九州山鹿、九州山鹿……
 

どっかで聞いたような気がするな(笑)

 

 

米吉でした。