Loading

米吉ブログ

待宵姫

 


 

まずは、このところの大雨に見舞われた皆さんに心よりお見舞い申し上げます。
更に大きな被害が出ませんことをお祈り申し上げるばかりです。

さて、昨年の3月頃から7月まで、新型コロナウイルスにより歌舞伎興行は公演中止を余儀なくされていました。
感染対策を取り、どうにか公演を再開できたのは8月。
そこから早くも1年が経過いたしました。

ウィルスは新たな型へ变化し、感染者も増え、これまでの日常がまだまだ遠くなっているこの頃です。
そういった中で、今日まで興行を続けてこられたのも、劇場の表と裏のスタッフの皆さんの努力、何よりこの様な有事に歌舞伎をご愛顧くださり、支えてくださるご見物の皆さんのお陰です。

本当にありがとうございます。

そんな事を改めて思いながら、第3部の『義賢最期』の待宵姫 を勤めさせて頂いております。

数年前に海老蔵兄さんの義賢 で勤めさせて頂いて以来、二度目のお役。

鴇色の振袖に、頭は吹輪といった、典型的なお姫様の拵えです。幕開きは打掛も着ています。

久しぶりのお姫様ですので、お姫様らしい雰囲気、丸さを大切に日々の舞台を勤めております。

このお姫様、奴の折平 と恋仲。

折平 を勤めているのは隼人さん。
彼としっかりご一緒するの昨年1月の浅草での『太功記』の十次郎 初菊 以来だと思います。

館を落ち延びた二人のその後は、『松波琵琶』の段というところで描かれていて、折平 こと多田蔵人 が琵琶法師に化けて清盛の館に忍び込み、拷問を受ける娘の前で琵琶を奏でる、まるで阿古屋のようなお話が繰り広げられるそうです。

その娘というのは、待宵姫 との間の子供ですが、この段ではもう清盛に殺されてしまっているんだとか……

待宵姫 といい、小万 といい、彼と契りを交わした女性はみんな哀れな最期を迎えることになるのかもしれませんね。

 

 

米吉でした。

千枝小枝

◆ラジオ出演情報◆

関連記事

  1. 孝の玉

    2017.05.10
  2. おおきに大阪。

    2015.07.27
  3. 夢で会いましょう

    2014.05.26
  4. Merry Christmas‼

    2014.12.25
  5. 孝行娘

    2018.12.26
  6. 梅の由兵衛

    2017.12.18
PAGE TOP