さよなら趣向の華part3

さて趣向の華もいよいよ最終日の話に。
 
最終日の昼の部は中村壱太郎こと、春虹先生作の『雪解真徳利
 
新歌舞伎を意識した忠臣蔵の外伝物で、出演は昨年の若木公演のメンバーでした。
 
 
このお芝居、どの作品より一番お稽古したかもしれません。
何度も吾妻流のお稽古場に伺いました。
 
にも関わらず、舞台稽古で色んなおじ様方から出たのはとても厳しいお言葉…
やはり僕らの実力というか地の力と言うものの無さを痛感しました。
 
そんな中で不安一杯の本番でしたが、それぞれに精一杯やりきり、皆今までで一番良かったんじゃないかな。
僕が言うのもおこがましいんですけどね……

image

幕が閉まった後春虹一座での集合写真。
また、このメンバーで春虹作品に出たいですね!
さて、このとき僕は足に白粉を塗ってます。
そう、次の三軒長屋に向けて……!
 
 
そして、お次が菊之丞先生作の『三軒長屋
菊之丞先生は毎回落語物をお書きになってますが、今回も落語の名作を歌舞伎化。
個人的に今回で最も好きな作品です(´∇`)
 
ただこの作品、重要な役所の翫雀のおじさんが稽古にどうしても来れず、いらっしゃれたのは本番の前日の夜……
そして舞台稽古が出来たのは当日の朝というこれまたすごい作品でした……
image
こちらがその三軒長屋の伊勢勘妾 お篠
シケを出して頭を乱して、襟元もぐずっと着て妾っぽくしてみました(*゚ー゚)>
 
初めての役柄でしたけど、とっても楽しかった!!
実はあちこち台本と違います(笑)
本当は旦那の通訳なんてする予定ではなかったし……(笑)
 
危険を孕んだままの上演で、旦那を先生と呼び間違えたり、噛んだりと、失敗も多かったので、リベンジさせてください!!
もちろん配役はおんなじで!!
 
それだけ楽しかった作品でした(^∇^)
 
 
そして昼の部の打ち出しが『乗合船恵方萬歳
 
先程の若木公演のメンバーでの素踊りで、私は 白酒売 を勤めさせていただきました。
 
御宗家含め色んな方に言われたのは、「これがどの演目より一番ちゃんとできなきゃいけない」ということ。
 
うーん……
今思い返しても後悔ばかりです
 
ただ、このメンバーで乗合船が出来たことを喜び、更に稽古を積んで、いつか本興行できっちりと勤められる様にならなくてはならないなと強く思いました。
 
 
それにしても、この回はちょっとバタバタとしてました( ̄▽ ̄;)
顔をするとどうしても時間がかかりますからね…
追い詰められたからか、いつもより早く支度ができて、顔を落とすのも凄く早かった気がします(笑)

 

 
それではいよいよこのお話もファイナルへ……

 

 

 

米吉でした