さらば名古屋

先日はたくさんの父へのお祝いの言葉をありがとうございましたm(__)m

 
早いもので明日はもう千穐楽。
今月は一役入魂のためか、時間が経つのが早いのかもしれません……

 
 
さて、今月は『松浦の太鼓』のお縫 を勤めさせて頂いております。
 

 
お縫 は昨年のお正月の歌舞伎座で初めて勤めさせて頂きました。
 
その時はこの役を終えるとすぐさま浅草公会堂へ移動し、壱太郎兄さんと梅丸くんと一緒に『屋敷娘』を。
 
いわゆる、『かけもち』と言うやつです(・・;)
 
ただでさえ歌舞伎座で抜擢をしていただいた上に浅草で引き抜きもある踊りを踊らせていただいていて……
ありがたいながらも、何が何だか分からないまま一月を終えていたところがあるかもしれません(笑)

image

今回は2度目、改めて勉強し直しました。
 
初めての時とは違い、やることは分かっているのですが、
「少しでも進歩していなくては……」
と思うと、却って緊張するものですね(^_^;)
 
前回より微かにでも成長できていたのならうれしいのですが、果たしてどうでしょうか……

 
そんなお縫さんは、出てきてすぐにお茶を点てるのですが、昔はみなさんお煎茶のお点前でなさっていたんです。
 
しかし、数年前に国立劇場で上演された時、いわゆるお抹茶のお点前に変更されたとの事。
 
そこで、僕も知り合いの裏千家の方に台子手前というやり方を教わりました。
 
ただ、それを教わった通りの手順を全てやると完全にタイムオーバー(笑)
 
色々と手順を省きながら点てておりますので、その筋の方に見られたら怒られるかもしれません( ̄▽ ̄;)

 

 

そんなこんなで、名古屋での暮らしも明日で最後。
 
今年は二度も名古屋の地に訪れることができました。
次回に伺うときはもしかしたら、新生御園座への出演かもしれませんね。
 
御園座が出来上がるまであと3年、名古屋での歌舞伎がどんどん盛り上がることを祈っています。

 
 
なにはともあれ、今はお部屋の荷物をトランクに詰め、明日の帰宅へ備えねば!!

 
 

 
米吉でした。
 
 
◆追伸◆
過去2回勉強をさせていただいた研修発表会で、今年も勉強させていただきます。
 
今回のお役は『神霊矢口渡』のお舟
 
色々なところで憧れのお役として挙げていたこのお役をこんなに早く勤めさせていただけることになるとは……!
 
これ程嬉しいことはありません!!
 
皆様お誘いあわせの上、

中村米吉初主演(笑)

となる舞台を是非ともご覧くださいますよう、お願い申し上げます。
 
以下詳細を……

 ☆日時

平成27年11月21日(土)
午後6時開演(開場5時半) 
※入場整理券の配布は行いません

 ☆会場

国立劇場大劇場

 ☆演目と配役
(予定。都合により若干の変更があるかもしれません。)

  一、座談会

中村吉右衛門
中村東蔵
中村芝雀
中村錦之助
中村又五郎
中村歌六
      司会 織田紘二

  二、『神霊矢口渡』
    頓兵衛住家の場 一幕

頓兵衛娘 お舟………中村米吉
新田小太郎義岑…‥‥中村蝶之介
傾城 うてな…………‥中村京由
下男六蔵………………‥中村吉兵衛
船頭八助………………‥中村吉二郎
しっかり候兵衛……中村蝶一郎
二ぞろのぴん助……中村蝶三郎
三とめの十蔵………‥中村吉助
新田義興の霊………‥中村京純
渡し守頓兵衛‥………中村吉之助

ほか

 ☆監修
中村吉右衛門

 ☆指導
中村吉右衛門
中村歌六
中村芝雀
中村又五郎
中村錦之助
ほか伝統歌舞伎保存会会員

 ☆ご観劇料金
2,000円(税込・自由席)

 ☆前売開始
10月27日(火) 11:00~
 
詳しくはこちらをご覧ください。