Loading

米吉ブログ

京都顔見世

 


 

あっという間に今年も残りわずか。
気がつけば南座顔見世興行も本日が初日となりました。

京都は毎日とても良いお天気で、昼間は暖かく気持ちのいい気候です。

京都は祖母の出身地でもあり、我が家も元々は上方の役者ですから色々とご縁のある土地。

と言いながらも、実は南座とはあまりご縁がなく、今回が4年ぶり、三度目の出演。

しかも、顔見世興行への出演は今回が初めてでして、まねきの看板をあげて貰うのも南座では初めてのこと!

こうやって見ると風情があって、きれいですねぇ…
我が家の蝶八郎さんも名題になりまして、まねきに名前を書いてもらえるようになりましたので、我が家みんなの名前があることになります(⌒▽⌒)

今年は人数が少ないですから、僕もなんだか端の良いところにいさせてもらってしまって…(^_^;)
お隣は幸四郎兄さんです(^o^)

そんな初めての顔見世で、同級生の右近さんと二人で『末広がり』というほぼ新作と言っていい作品ができるのは本当にありがたいこと。
感謝の気持ちを忘れずに、丁寧に日々の舞台を勤めたいと思っております。

さて、初日の舞台を前に、今日は祖母の月命日でもありますので、父と一緒に知恩院さんへお参りに。
こちらには曽祖父母祖父母萬屋錦之介の大叔父など小川家の面々が分骨されています。

そこでばったり錦之助の叔父と隼人に遭遇。
一緒にご先祖様に手を合わせ、別れたのも束の間、先斗町のお蕎麦屋さんでまたもやばったり再会(笑)

ご縁と言おうか、考えることが同じと言おうか、面白いものですね。

そんな叔父親子は明日までそれぞれ代役を勤められています。
出演する部が違うために拝見はできませんが、無事に終えられることを心から祈るばかりです。

 

 

 

 

米吉でした。

身替座禅

末広がり

関連記事

  1. 皐月色々

    2016.05.29
  2. おおきに大阪。

    2015.07.27
  3. 謹賀新年

    2015.01.01
  4. 2か月ぶりに……

    2018.05.26
  5. 卯月

    2014.04.02
  6. 未だに巡業中?

    2013.08.05

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • とまと
    • 2020年 12月 08日

    米吉さん、南座来てくれてありがとうございます~!
    初日三部拝見致しました。
    美しく綺麗で可愛くて 右近さんと楽しそうに舞ってる姿がとても印象的でした、もう一度末広がり観たくなったくらいです(*´-`)
    米吉さん関西にいらっしゃるのが貴重ですので本当に嬉しいです✨
    京都は来週から一段と冷えるのでお身体ご自愛下さいませ。

    • 初日のご観劇ありがとうございました!

      そんな風に仰っていただけて安心いたしました。
      関西方面には一昨年の10月に右團次さんの襲名で松竹座に出させて頂いて以来となります。

      また3月にも参りますので、よろしくお願いします!

    • chie
    • 2020年 12月 12日

    寒さが本格的になってきましたね。京都では、いかがお過ごしでしょうか。
    私にとっても今度が初めての南座の顔見世です。いつかは、顔見世でまねきを見ることが憧れだったので、皆様のお名前があるのを見れるのが尚更うれしいです。自分の名前があることは、格別にうれしいことでしょうね。
    皆様のお名前を探しながら、やっぱり蝶八郎さんのお名前まであるのは、喜ばしくしみじみ眺めることができたらなあと思っています。

    前回、知恩院は、素敵なところで、ゆっくり訪ねることが出来なかったことを後悔していました。今回は、小川家のご先祖様にも手を合わせる気持ちでゆっくり訪ねてみたいと思います。

    公演も折り返しですね。無事に千穐楽をむかえられることを願っています。ご先祖様もきっと見守ってくださってますね。

    • 京都は日に日に寒さが厳しくなってきています。
      初めての顔見世ご観劇になるんですね!

      私も初めてまねきを上げていただきましたが、やはり特別な気持ちになるものですね。

      知恩院さんはやはり浄土宗の総本山、清らかで厳かでとても素晴らしいところだと思います。
      どうぞゆっくりお参りになってください。

      今回の顔見世はいつもとはまるで違うものだと思います。
      何事もなく千穐楽を迎えられるよう日々気をつけながら勤めてまいります!

PAGE TOP