LasVegasレポートⅡ FINAL

お陰さまを持ちまして、ラスベガス公演 『獅子王』の千穐楽を終えることができました。

 
なんだかこの十日間は去年の『鯉つかみ』よりあっという間に過ぎ去っていった様な気がいたします。
 
去年も感じましたが、密度の濃い日々だった、と終わった今になって感じているところです。
 
  
2年連続でこういった異国の地で歌舞伎の新しい大きな舞台に参加させて頂けたこと、本当に嬉しく、感謝しております。

去年の様に本物の湖に船を浮かべて出たことはもちろん。
 
今年の様に爪先鼠が映像とリンクしたり、お客様の間を練り歩く様な銀橋での花魁道中なんてそうできることではないでしょう……!
 
そんな経験をさせていただけたことは、生涯の中で大きな一頁となったことは言うまでもありません。
 
 
また、今年は座組も大所帯で、父を始め先輩方に、名題、名題下のたくさんのお弟子さん方、アクションクラブJAEの皆さん、そして同世代のみんな。
 
おこがましい言い方になってしまいますが、一座の全員がそれぞれに精一杯勤め、短期間で少しでも良くしよう、染五郎兄さんの掲げる歌舞伎の『底力』を見せつけよう……!
と、一致団結していた公演になったのではないでしょうか。
 
 
そんな公演に参加させていただけたこと、心から感謝の気持ちで一杯です。
image

これは序幕の 白縫姫 の祝言の場でご一緒だった腰元´s
左上から時計回りに猿紫さん、笑野さん、喜昇さん、猿珠くん。
 
芝居の登場人物で一番最初に登場し、幕く開きの踊りを担うという責任のあるお役。
皆さんのお陰でとても素敵な開幕になったんじゃないんでしょうか(´∇`)
 
image

また、こちらは乙星太夫 の道中。
腰元さん方と同じメンバーの振袖新造に加え、番頭新造に明三郎さん。
詰袖新造に我が家の蝶次くんと喜美介さん。
廓の若い者には提灯に紀世助さん、傘にJAEの北村さん、そして僕の体を支える為に肩を貸してくれていたのは大忙しだった京純さん。
 
直角に曲がり、傾斜までついていた銀橋での花魁道中。
拙い私を前と後ろで道中を支え、盛り上げてくださいました(^ー^)

 

 

 

そんなラスベガスも今日が滞在最後の日。
 
image

お昼はちょっと早起きをしてデス・バレーへ……
 
image
車で二時間走ると、さっきまでいた豪華絢爛な町と同じ国かと思う様な山、岩、砂!
image

ここはバッドウォーターといわれるところ
image

白色の道は雪ではなくお塩なんですよ!
image

なめると確かに塩辛いらしい…(笑)

image 小川集合しての一枚(^∇^)
image
お次はデビルスゴルフコース
image

このごつごつとした岩のようなものもお塩の塊。
image

そばによるとこんな風に結晶化してるのがよくわかります。
image

そして、展望台からの眺めの見事なこと!
image

なんだかプリンみたいですね(笑)
image

この小さい黒い方は歌昇兄さんです(^-^)

 

 
そしてこれからMGMさんからのご招待で、シルクドソレイユの『LOVE 』を拝見します。
image

あのビートルズの音楽がふんだんに使われているショーとのこと。
今年は芝居するばっかりで何も見れてませんでしたので楽しみです!!

 

 

 

 
さて、FINALということで長いこと書きちゃちゃくりましたが、今回のレポートもこれでおしまい。

 

思い返せば去年の8月。

初めての海外公演として伺ったこのラスベガスの街。
僕にとって強烈な印象を与え、色々な思いを抱かせてくれた街。
 
今年もまた、自分の未熟さ、拙さを改めて感じさせてくれました。
 
日本に戻ってからは更に経験を積み、勉強していかねば!
 
そうして、またこの街にしっかり成長した自分で戻ってきたいと強く思っています。
なんだか去年と同じこといってる……(・・;)
 
 

ですがこの先、この街にまた戻ってこれるかどうかは分かりません……
 

しかし、千穐楽のカーテンコールで染五郎兄さんは
 
I’ll be back!!
 
と高らかに宣言なさいました。
 
その上、今回のプロジェクトにご尽力くださった松竹 細田副社長はその言葉を受けて、
 
We’ll be back
 
と、打ち上げの席で仰いました。

 
そのお言葉を信じて、この街と名残を惜しみたいと思います。

 

 
また、最後になってしまいましたが、今年も未熟な私に大きな経験を積ませてくださった染五郎兄さん。
 
昨年に引き続き細やかにあらゆる面でご指導くださった菊之丞家元。
 
サポートしてくれた松竹の皆さん。
 
技術提供してくださったNTTPanasonic及びスポンサーの各社。
 
寝ずの作業が続いた裏方のスタッフ。
 
慣れない土地で自分のことだけでなく僕ら親子の世話をしてくれた我が家の一門のみんな。
 
同行し、舞台稽古から全公演漏らさず見守ってくれた母。
 
我々にチャンスを与えてくれているMGMリゾート
 

 
そして何より、多大なご声援をくださった日米のお客様。
 
更には、日本からの応援してくださったこのブログをご覧の皆さんに、この場を借りて改めて感謝申し上げます。

 

 
本当にありがとうございましたm(__)m

 

 

 
それでは、
 
 
 
GOOD BYE LasVegas(^_^)/~~
 
 
I wish the best luck will be on me at the last night of Lasvegas……(笑)

 

 

 

 
以上、米国LasVegasより

 

 
米吉でした