Loading

米吉ブログ

松浦の太鼓

 


 

まずは、先日の台風で被害に合われた方に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されることを陰ながらお祈り申し上げる次第です。

さて、台風が過ぎて一気に涼しく、秋らしい風が吹くようになりましたね。
歌舞伎座も本日中日を迎え、残すところ半分となりました。

今月の夜の部では髙祖父 三世歌六の百回忌の追善として『松浦の太鼓』の松浦鎮信侯 を父が初役にて勤めさせていただいております。

そもそも、『松浦の太鼓』は時蔵時代の髙祖父のために書き直され、当たり役として髙祖父が度々勤めたお芝居。
初代 吉右衛門のおじさまにより秀山十種に制定された、播磨屋の家の芸です。

髙祖父が初演し、今なお上演されている狂言で百回忌の追善をできることは本当にありがたいことです。
しかも、歌六の名前での松浦侯は髙祖父が最後に勤めた明治44年以来104年ぶりのことなんです!

こちらが104年ぶりの松浦侯 と4年ぶりのお縫 さんです。

父が初役で僕が経験者というのもなんか不思議な感じですよね(´-ω-`)

とはいっても、若い頃に何度も勤めた後ろに控える近習や、近年の其角に至るまで相当数このお芝居に関わっていますから、経験値は比べ物になりません(笑)

それにしても昼の部はきちゃな~いお爺さんで、夜の部はこんな白塗りのお殿様とは、芸域が広いと言いますか、落差が激しいと言いますか……(笑)

 

一応いつも通り僕の一人立ちの写真もお目にかけます!

回数を重ねているお役でもありますし、色々と自分の中で考えながら勤めてはいますが、回数を重ねることで、良く分からなくなってくることがあるのも事実です。

先輩方も良く仰っていますが、いつでも初めてのつもりで新鮮な気持ちを忘れずに、慣れのように勤めなくてはならないと感じる日々です。

そんなお縫 ですが、衣装がとても素敵なんですよ!前回名古屋で勤めた際には同じ色味でも違う柄で少し残念だったんですが、今回はこちらの衣装で、久々に着れて嬉しいんです!

雪持ちの草木だけでなく、この枝折戸がなんとも言えず可愛いんですよねー( ´ー`)

ちなみに、正確なところはわからないのですが、初役の時に見に来てくれた時蝶さん曰く、これは歌右衛門のおじさまが誂えさせたものではないかと……(・о・)
だから結構古いものなんですよ!
これからも大切にしていかなくてはならない財産のひとつですね。

 

なにはともあれ、そんな104年ぶりとなる『松浦の太鼓』、是非ともお見逃しなく!!

 

 

 

米吉でした

百回忌追善

◇インタビュー掲載情報◇

関連記事

  1. 家戻り

    2017.07.28
  2. ワルい女

    2015.12.25
  3. お早さん

    2018.01.31
  4. LasVegasレポートⅡ No.3

    2016.05.06
  5. 七綾姫さん

    2014.10.20
  6. 如月です

    2014.02.03

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP