Loading

米吉ブログ

谷影の梅雨の薄雪

毎度毎度のご無沙汰申し訳ありません……(・・;)
梅雨に入り、ジメジメとした毎日が続いていますね。
 
 
さて、今月は歌舞伎座は『新薄雪物語』の通し上演。
 
今月はタイトルロールでもある薄雪姫を「花見の段」は梅枝兄さん、「詮議の段」は児太郎
そして、夜の部「広間・合腹の段」「正宗内の段」では僕がそれぞれ勤めさせていただいています。
 
 
『新薄雪物語』の薄雪姫ですからね。
大先輩が勢揃いしての今回の通し上演で勤めさせて頂けること、これ程嬉しくありがたいことはありません……!

image

これがその薄雪さん。
「広間・合腹の段」では鴇色(ピンク)の衣装に、打ち掛けまで着ています。
この季節に打ち掛け、正直暑いです……f(^_^;

image

そして、「正宗内の段」ではこちらの藤色の衣装に。
落ち延びてく先に着替えのの振り袖持っていくなんてさすがお姫様!(笑)
 
 
そんな今月の公演も今日でちょうど半分です。
仁左衛門のおじさまや魁春のおじさまに教えていただいていることを一つ一つ消化しながら残りの半分を勤めていきたいと思っています!

 
 
 
さぁ、これからどんどんと僕の苦手な夏が近づいてきますよ……
暑いの嫌だなぁ……(-∀-`; )
 
 

米吉でした。

お食事会

新歓!

関連記事

  1. さらば名古屋

    2015.10.24
  2. おおきに大阪。

    2015.07.27
  3. 青い日

    2016.04.14
  4. 5年の年月

    2016.02.25
  5. 舞妓はーん

    2017.05.23
  6. 2H 初と久々

    2016.10.27

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • えりか
    • 2015年 6月 13日

    こんにちは〜(*^o^*)私も夏は嫌いです⁉️でも、ニュージーランドは冬なのですが比較的過ごしやすい気温です⁉️あっ、神楽ご覧になられましたら報告よろしくお願いします(*^o^*)
    藤色お似合いですね(*^o^*)確かに夏場の打ち掛けは暑い、それも舞台だと照明があるので倍ですね( ̄▽ ̄)
    歌舞伎座はクーラーありますか?あっても暑いですね(笑)
    あと、海老反りのコツ教えてください。あと半日頑張ってください⁉️私も理解のテスト頑張ります⁉️英語なので…( ̄▽ ̄)

    • いつも返信が遅れ申し訳ありません。

      ニュージーランドの気候など、日本と違い体を慣らすのが大変そうですね。
      歌舞伎座にはもちろん空調がありますが、なかなかそううまいこといきませんね。

      海老反りのコツ……
      とりあえずお稽古あるのみですかね…

    • ROSA
    • 2015年 6月 13日

    米吉さん、こんばんは
    美しいお姫様ですね。薄紫のお着物ですが、
    詮議のときに錦之助さんが着ているのとペアルックになりますかな?
    お身体に気を付けて後半もご活躍ください。

    • いつも返信が遅れ申し訳ありません。

      詮議の段の左衛門も確かに藤色の着付けでしたね。
      赤姫は赤と言いつつ以外と色んな色があるというのもなんだか不思議ですね(笑)

    • y
    • 2015年 6月 13日

    本日拝見しました~
    更新待ってました!
    なんてったってタイトルロールですもんね~
    可憐なお姫様に見とれてしまいました。

    広間での園部夫妻との別れは仁左衛門さんの万感こもった台詞につい涙がこぼれ、呉羽の手を振り切ってつい戻ってきて二人それぞれのお顔をしっかり見つめてのお別れに、なんかじーんときちゃいます(T-T)

    正宗内ではお父様の正宗の子を思う心に
    感動しました。
    後半も暑さに負けず頑張って下さいませ!

    大阪の夏はもっともっと暑いですよ~と脅してみたりして…船乗り込みも楽しみな大阪のおばちゃんより♪

    • 返信が遅れ申し訳ありません。
      また、ご観劇ありがとうございましたm(__)m

      広間の段での別れの場面はおじさまお二人のお芝居。演じていながら胸に来るものがありました。

      また来月はお近くですね。
      劇場でお目にかかれるのを楽しみにしております。

    • もも
    • 2015年 6月 14日

    谷影の梅雨の薄雪。素敵なタイトルですね(*^^*)
    このところ気温が高い上に湿度も重なり、屋内と言えども役者さん方は大変でしょう。
    しかし、私事ですが今月は大変愉しませて頂きました。少しずつ歌舞伎のお話にも付いていけるようになり、人生5度目の観劇で感動しほろりと涙を流してしまいました。笑
    素敵なお芝居、ありがとうございました。
    この梅雨が明けましたら暑さもひとしおでしょう。どうぞご自愛くださいね。
    来月の大阪は行くことが出来ませんが、陰ながら応援しております。

    • いつも返信が遅れ申し訳ありません。

      少し洒落込んでタイトルをつけてみました(笑)

      今月のお芝居もお楽しみ頂けた様で、大変嬉しく思っています 。

      大阪でお目にかかれないのは残念ですが、また近いうちにお目にかかれるのを楽しみにしております。

    • なつみ
    • 2015年 6月 15日

    気がつけば今月ももう半分過ぎるんですね~。東北はまだ梅雨入りしていないのですが、栗の花が咲き始めましたのでそろそろ梅雨入りかもしれません。
    今月のお役の写真、ありがとうございます。お待ちしてました(^^)
    やはり姫君のお衣装は華やかでいいですね~。頭飾りなど重そうで大変そうではありますけれども。
    今月は左團次さんのブログにも初登場されてましたね~今月中にまたご登場されるかしら?楽しみにお待ちしてます。

    • 返信が遅れ申し訳ありません。

      気がつけば今月どころか今年も半分が終わりますね。
      なんだか毎年毎年早くなる様な…(^_^ゞ

      お姫様の衣装などやはり軽いものではありません。
      でも、実は頭はそこまで重たくはないですよ。
      以外と腰元とかの方が重かったりするんです!

    • とろ
    • 2015年 6月 16日

    おはようございます。
    今回は中日でのアップ、ありがとうございます。

    薄雪姫、大変なお役ですね。

    今回は贅沢な配役で、難しい三人笑などの場面も堪能いたしました。

    ほとんど動かない場面って、難しいですね。
    歌舞伎座は本当に横に広いなあと。

    魁春さんとの嫁姑、上品なお二人でお似合いです。
    舅は怖いですが、姑さんとの情の通い合いも滲み出るような薄雪様を楽しみにしております。
    三人笑は、お互いに、相手に不足は無かった、大変な中にも一つの光明、
    という場面だと思います。
    米吉さんの出番は、
    その娘の薄雪さんの家風とか価値観とかを伝える、大切な場面ですものね。
    ここで薄雪さんがしっかり?きちんと?されている方が、
    秋月さんが巨悪になると思いますし、
    そういう秋月さんの贅沢な取り合わせですので、
    残り半分、楽しみですね。
    楽近くに再度拝見したい衝動に駆られそうで怖いです。

    ABIKAIでの市川右近さん、市川弘太郎さん、
    間というか、新作でもしっかり歌舞伎、という、
    ゆっくりの動きのところの、動作の緩急、キメ、が凄いなあとおもいました。
    そういう、歌舞伎になる、というのが、米吉さんにも
    歌六さんを通じて身につかれていっているのでしょうね。
    ぜひ、広い歌舞伎座の舞台を米吉さんで埋めてください。

    拝見したときは、正宗内のほうが米吉さんの良さが出てらした気がしました。

    その前の場面も、残り半分、米吉さんの薄雪姫になりますように。

    悲しい暗い場面ですが、
    大先輩ばかりの中、米吉さんにしかない華やかさが観客にとって清涼剤にもなると思いますので
    悲しい中にも華やかさ、可愛さがしっかりあると
    いちファンとしてはありがたく、米吉さんを見に来たんだという満足感が高くなって嬉しいです。

    雲の絶間が素晴らしかったので、きっと素晴らしい薄雪姫が今後、拝見できると信じております。

    • いつも返信が遅れ申し訳ありません。

      まだまだ足らないだらけのまま千穐楽を迎えてしまった様な気がしています。

      いずれ全段通しで、お勉強し直させていただきたいな…
      そんな思いが強い今月の薄雪姫でした。

    • missa
    • 2015年 6月 19日

    今日というかもうきのうですが拝見いたしました。
    仁左衛門さん、魁春さん、高麗蔵さんに囲まれていっそうかわいらしさ際立つお姫様でした。
    それにしても歌舞伎のお姫様や女性は、切なく哀しい境遇が多いですね。
    というか男性もですが。ただそんな悲劇的なお話なのに
    どこかすがすがしさを感じるのが、歌舞伎の魅力なのかもしれないと思います。
    切腹とか心中とかはとても認められないのに、なんだか納得してしまうのですから。
    悲劇はきらいでも、歌舞伎だと楽しめるのが不思議です。
    梅雨の時期、残り一週間を元気でお努め下さいますように祈っております。

    • いつも返信が遅れ申し訳ありません。
      また、ご観劇ありがとうございましたm(__)m

      悲劇でありながらそれを救いの無いものにするというよりは、忠義や愛情を貫くその姿を讃える形になっているところが歌舞伎芝居を素敵なものにしていってるのかもしれません。

    • chie
    • 2015年 6月 20日

    先日、昼夜通しで拝見させていただきました。先月のお霜さんの衣装も好きだったのですが、お姫様の華やかな衣装は、やっぱり美しいですね。
    とても素敵な舞台でした。
    三人笑いの場面は、自分もとても張り詰めた思いで見入っていました。芝雀さんが登場して魁春さんとお互いの子供へのお礼を伝えあっているあたたかい場面で、ようやく緊張の糸がとぎれ、ふっと気が付くと涙を流していました。今月は、静謐な中での掛け合いや立ち回りの見せ場もあり、役者の方々の重厚な芝居を堪能でき、嬉しかったです。

    仁左衛門さん、魁春さんの魅力溢れる芝居の中で、米吉さんもきっとたくさん勉強出来ましたね。このお話の中で、米吉さんの薄雪姫は、とても可憐でした。
    舞台写真売り場でおば様がこの子可愛かったわーと話されていて、隣のおば様が、米吉さんですよ、私も大好きですと見知らぬ方同士で盛り上がっていて、私も参加したくなってしまいました。(笑)
    もう一度、千穐楽拝見させていただきます。本当は、もっと観て感じたかったです。
    薄雪姫が逃げているのに、衣装を替えて登場したときは、お姫様の余裕がすごいなあとやっぱりぼんやり思ってしまいました。
    残りわずかですが、無事に千穐楽を迎えられることを願っています。これからもっと暑くなりますので、夏バテには、気をつけてくださいね。

    • いつも返信が遅れ申し訳ありません。
      また、通しでのご観劇ありがとうございましたm(__)m

      ああいう地味な衣装もこういったきらびやかな衣装にもそれぞれ良さがありますね。

      今月は本当に多くの事を勉強させていただきました。
      これを次に活かしていかなくてはなりません!

      その余裕がお姫様のお姫様たる所以なのかもしれません(笑)

    • 舞葉
    • 2015年 6月 20日

    薄雪姫お美しいです!惚れ惚れしてしまいます‼そしてお衣装の暑さを感じさせない薄雪姫様の可憐な表情、うっとりしてしまいます!もう少しで七月、「いよいよ夏」と言う感じですね。私も暑いのは苦手で夏はあまり好きではないのですが今の梅雨の時期はなかなかお日様に会えないので「早く夏がこないかしら」と思ったり…。これからますます暑くなってきますのでお体にお気をつけくださいね。

    • いつも返信が遅れ申し訳ありません。

      やはり梅雨独特のじめじめとした暑さには毎年閉口します(;´д`)

      真夏になってからのジリジリとした暑さにもうんざり…

      どっちにしても暑いのが苦手な米吉です(笑)

    • 一栄
    • 2015年 6月 20日

    こんにちは^_^
    ブログの更新ありがとうございます☆薄雪姫のお写真二枚、綺麗だなぁ♪( ´θ`)ノと良いため息が出てしまいました!そしてお痩せになられたと思います!
    17日夜の部を初歌舞伎座の夫と観劇致しました♫が夫も綺麗だと思ってしまった!痩せられたよね!と申しておりました。
    舞台を拝見しながらも一段と痩せられ、より美しくなられ、お家を泣きながら出られる場面では胸が締め付けられました。
    夏が苦手との事、よりまた痩せられてしまうのでは!?
    千穐楽まであと数日応援しております☆

    • いつも返信が遅れ申し訳ありません。

      痩せましたでしょうか?
      実感がなく少し焦りすら出てきています(笑)

      また、ご主人様とのご観劇ありがとうございましたm(__)m

      苦手な夏をアイスクリームとかで乗りきらないようにしなくては!(笑)

歌六一門で番頭を募集中です。

人気の投稿

PAGE TOP