Loading

米吉ブログ

白浪五人男


 

5月も早くも半ば、歌舞伎座、團菊祭五月大歌舞伎も折返しの中日を迎えました。

恒例の團菊祭ですが、コロナ禍で3年ぶりの開催となります。

そんな久しぶりの團菊祭、第三部において若手での『弁天娘女男白浪』が上演されています。

右近 さんの弁天小僧を筆頭に、同年輩の隼人 さんの忠信利平と私の赤星十三郎

少し年長の巳之助 兄さんが兄貴分の南郷力丸

そして、頭領の日本駄右衛門 彦三郎の兄さん。

と、役者同士の年齢差と役柄が似通った、若い白浪五人男となっております!

こちらが私が勤めさせていただいている赤星十三郎

元々は武家のお小姓であったものの、昔のご主人様のために盗みを働き、家来筋でもあった忠信利平との縁から五人男の仲間入りをします。

お小姓上がりだからこその色気や品、柔らかみがあり、どこか憂いもある、五人男の中でも独特な、中性的的な役柄です。

5人の中で、見得のときにツケを打たないのも柔和な役柄ならではですよね。

 

稲瀬川 での揃いの衣裳の柄は、名前や台詞にちなみ、鶏に星。

そこにあしらわれた桜が、赤星のキャラクターをより良く表しているような気がします。

いつかは勤めてみたいと思いながらも、こんなにも早く歌舞伎座で勤めさせていただくことになるとは思いもよらないことでした。

 

白浪五人男」といえば、戦隊モノの元ネタとして、歌舞伎をご覧にならない方も何となくご存知の方も多いはず。

揃いの傘に華やかな衣裳、5人のそれぞれに合わせた詞章の黒御簾音楽、そして黙阿弥 の七五調の見事な5人のツラネの台詞……

そんな歌舞伎の魅力が短い時間に詰まっているのが「稲瀬川勢揃いの場」ですよね。

その魅力を自分の体を通してお客様に感じてもらえるよう、勤めねばなりません。

理屈抜きでワクワクとしてもらえなければ、この場面は成立しませんもの(笑)

これまで名だたる諸先輩が勤めてきた赤星にはまだまだ遠く及ばないものの、今しかできない「白浪五人男」を勤められるよう、一所懸命に勤めさせて頂いております。

同世代が弁天小僧を勤める中、一緒に五人男に並べることはとても嬉しいことです。

この先もずっと、こうした機会を得られるようにますます精進していかなくてはなりません。

 

歌舞伎座で稲瀬川のツラネを言えることにも感謝しながら、千穐楽まで高みへ少しでも近づけられるよう努めてまいりますので、何卒よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

米吉でした。

 

 

◆六月大歌舞伎演目変更のお知らせ◆

初夏の博多!

関連記事

  1. プレ公演のおはなし

    2013.08.20
  2. あがり!

    2017.07.30
  3. 丁酉

    2017.01.03
  4. お袖

    2017.03.27
  5. けんけん。

    2016.06.23
  6. 玉衣姫

    2019.11.25

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • たけちゃん☆
    • 2022年 5月 15日

    お忙しい中、ブログ投稿、ありがとうございます!
    来週、拝見する予定です。
    オンライン交流会やInstagramの投稿なとで、いろいろ予習ができ、日に日にワクワク感が増しています。
    見得といえば、鋭い眼であたりをにらむイメージがあります。
    今回、立役ですが、米吉さんのお役は、お写真を拝見する限り、柔らかみがあり、中性的な雰囲気なので、『どんな見得なんだろう⁇』ってずっと思っていました。
    見得の時に、ツケを打たないものもあるんですね。
    勉強になりました。
    揃いの傘に華やかな衣裳、ツラネの台詞など、いろいろ気にしながら、拝見したいと思っております。
    最後になりましたが、お身体ご自愛下さいませ。

    • 博多行きのバタバタでお返事するのを、忘れてしまっておりました。
      本当にすみませんm(_ _)m

      先月の白浪五人男、お楽しみいただけましたか?
      このブログや僕のインスタグラムがご観劇前の楽しみを増やすことができているならこんなに嬉しいことはありません!
      歌舞伎は大変に奥深く、歩めば歩むほど新たな発見のあるもので、これは我々役者もお客様も同じではないかな、と思います。
      これからもお楽しみいただけたら幸いです(^^)

    • りお
    • 2022年 5月 18日

    團菊祭五月大歌舞伎を観に行く1週間前に、白波五人男の写真を拝見することができて、嬉しいです。
    赤星十三郎の 鶏と星に桜の衣装のお話も、よい事前学習になりました。
    弁天娘女男白波を初めて生の舞台で観られること、そして、そこに米吉さんが赤星十三郎を演じていらっしゃること、を、楽しみにしています。

    六月の演目変更による歌六さんの休演は残念ですが、仁左衛門さん お大事にしていただきたいと思いました。
    チケットをとった当日の晩の演目変更で、キャンセル可 の案内がきましたが、そのまま観に行くことにしました。

    • なんだか色々とバタバタしており、お返事できておりませんで、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

      先月の歌舞伎座第三部の弁天小僧、お楽しみいただけましたか?
      なるだけ早めにブログでお話して、皆様がご覧になる前の楽しみを増やせるようにしたいのですが、なかなかそうもいかず…
      その点、短い文章でも良いInstagramの性質には少し助けられております(笑)

    • chie
    • 2022年 5月 21日

    気づけば、過ごしやすい季節になりましたね。雨が多いですが、傘を見ると、今月は、白浪五人男を思い出します。

    素敵なお写真をたくさんありがとうございます。インスタグラムで赤星十三郎の台詞を載せてくださってましたが、あらためて五人の台詞を噛みしめてから、舞台を拝見しました。歌舞伎座の舞台で五人が揃うと、本当にとても華やかで台詞を聞きながら、気持ちが盛り上がって、そしてとても晴れやかな気持ちになりました。短い場面ですが、格好良さが凝縮されていて、気持ちが沸き立ちます。

    同年代の方々と彦三郎さんとの五人男、いつだって今しか観られないのですが、これからの最初という意味でもとても楽しみにしてました。

    もう1年の半分のお役が発表になって、このお役を観ることが出来る喜びがたくさんありました。米吉さんが後半もどんなお役をされるのか楽しみにしてます。来月は、博多座、その後はナウシカですね。コロナもこのまま落ち着いてくれることを願ってます。

    残りわずかですが、千穐楽までつつがなく公演が出来ますように。

    • お返事遅くなり、ごめんなさいませm(_ _)m

      先月の歌舞伎座、ご覧くださいましてありがとうございました!

      やはり黙阿弥の書いたあのツラネはそれぞれの役の雰囲気をうまく掴み、バランスよく書かれていて、本当に良くできたセリフだなぁと感心するばかりです。
      もっともっと精進しまして、あの稲瀬川の勢揃いで、出てくるだけでパァッ!とさせられるような役者になりたいと思っています。

      今年も半分が過ぎたんですね…
      残り半分、とんでもないものからの今年の後半戦のスタートですが、ただただ目の前にある山を一つ一つ越えていきたいと思います。
      応援よろしくお願いします!

人気の投稿

PAGE TOP