Loading

米吉ブログ

寺小姓

 

 

早いもので今月も明日で千穐楽。

 

今月の夜の部は、吉右衛門のおじさまが松貫四の筆名でお書きになった『再桜遇清水』が上演されております。

 

このお芝居は初のこんぴら歌舞伎のために書かれたお芝居で、こんぴらさんで二度上演され、今回初めて大劇場で上演されました。

僕は清玄 に仕える寺小姓の二人の内、 妙寿 君を勤めさせていただいております。

相方の 妙喜 を勤めているのは児太郎君です!

 

ちなみに、寺小姓とは、僧侶の身の回りの世話をしていた少年のこと。

貧しい武家の次男坊やら三男坊やらが、勉学やお金のために寺に入って小姓をしていたんだそうです。

 

さて、そんな彼らは 桜姫 に惚れ、どんどん破戒し堕落していくお師匠様に健気に仕え続け、綺麗な姿からご覧の様なみすぼらしい感じに。

師匠と共に没落したこの子は、魚を釣って師匠の酒の肴の支度をさせられ……

相方の妙喜 はというと、お師匠様の衆道のお相手に……
  
共に嘆く二人ですが、こうやって比べると衆道の相手の方が辛いですよね…

でも調べてみると、仏教的には女性と関係することは重大な罪でしたが、衆道はそれに替わるものとして、特に禁じられてはいなかったそうです。。。

 

それよりも、あらゆる殺生を禁じた『不殺生戒』の方が決して許されない重大な罪だったんだとか!

 

ですから、仏教に帰依した二人には、それぞれとても辛いことは変わらないんでしょうね。

 

そんな中で僕が釣り上げるのがこの子。

山椒魚の様な不気味な動物』です。

台本を読んだとき、どんなものが来るかと思いましたが、結構リアルな子がやってきました。

ブツブツしていて、なんとなくヌメヌメ感があって、ちゃんとお口も開きますし、暗い中、一瞬しか舞台に登場できないのが残念でした(>_<)

なんとなく愛着が湧きましたので、労ってやりましたよ。

どことなく嬉しそうでしょ?(笑)

 

 

この子が次に舞台に登場するのはいつになるか分かりませんが、それまで元気でいてもらいたいですね(^ー^)
 

 

 

 

 

米吉でした。

御台様

◇掲載情報◇

関連記事

  1. プリンセス

    2014.04.19
  2. 羽子板市

    2014.12.19
  3. 孝の玉

    2017.05.10
  4. さらば浅草の日々

    2015.01.26
  5. ワルい女

    2015.12.25
  6. お祭

    2017.02.25

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • はるか
    • 2017年 9月 25日

    米吉さん、今日も1日お疲れ様でした。
    お魚さん?、最初のお写真拝見して一瞬ん?と思いましたが、最後はなんか可愛く見えました。食べたらなまこみたいで美味しそうですねと正直に言うと引かれますかね笑
    吉右衛門さん、再演されるなんてすごいですね。米吉さんのみすぼらしい姿は髪を乱れさせる他、お化粧でどうやってるんでしょうか??立役の米吉さんはしゅっとしててかっこいいですね!美青年って感じです。
    またまた多分一等賞いただきました!笑ありがとうございます。

    • 返信が遅くなり申し訳ありません。

      山椒魚その物は美味しいらしいのですが、やっぱり食べたいとは思えませんね……(–;)

      一応、紅を少し紙で抑えはしましたが、それ以外は特に化粧は変えてはいません!

      いつもコメントありがとうございますm(__)m

    • ヴェルデ@出自は東女
    • 2017年 9月 25日

    わあ! 池から釣り上げたモノが気になっていたのです。3階Aから矯正視力でも0.7が精いっぱいの身としてはよくみえなかったので(ごめんなさい、諸般の事情でお安い席では意見しました)…。グロかわいい獲物ですねえ。ときに、日本社会全般における男色に対する寛容さというのは興味深いですね。キリスト教世界では20世紀まで刑法犯罪だったこともあるのに。やっぱり日本はホモソーシャルな社会なのですかねえ。

    • 返信が遅くなってしまい、ごめんなさい。
      確かに、この子を遠くからでは良く判別できませんよね……

      こちらのブログでどうぞゆっくりご覧下さい(笑)

      日本の歴史上、衆道を無視することは、できないのかもしれませんね。

    • みつき
    • 2017年 9月 25日

    あっという間に千秋楽ですね〜
    お疲れ様です!

    サンショウウオ、リアルでびっくりしました!
    どんなところでどんな風に出てくるのかぜひ見たく思いましました。。行けなかったのがほんとうに残念でなりません、、

    サンショウウオも見たくなりましたし、またいつかこのお芝居をみられる日を楽しみにしています
    その時も米吉様が出られるといいな〜

    浅草歌舞伎も出られますね!
    羽子板市にも来られるのでしょうか??

    • 返信が大変遅くなり、すみません……

      なかなか良くできた山椒魚モドキですよね!

      池から釣れたものがこの子だと中々衝撃的です(笑)

      また来年は浅草に戻ることになりました。
      羽子板市のことは分かりませんが、よろしくお願いいたします!

    • すーさん
    • 2017年 9月 25日

    千穐楽おめでとうございます。
    先日、夜の部拝見いたしました。
    とても良いお席だったのですが、サンショウウオのようなヌメヌメな生き物がなんだったのか全く見えず、なんだったんだろう???と思っていたので、お写真ありがとうございます!謎が解けました(笑)
    米吉さんと児太郎さんのお小姓姿が可愛らしくて可愛いらしくて、死なないで〜と思ってしまいました。
    本日千穐楽に昼の部も拝見させて戴きます。
    来月も楽しみです!

    • 遅い返信、申し訳ありません。

      舞台も暗かったですし、なかなか判別できませんよね。
      謎が解けて良かったです(笑)

      そんな風に哀れんで頂けたのであれば、このお役達も浮かばれることでしょう。

    • 幸恵
    • 2017年 9月 25日

    米吉さん、こんばんは。
    秀山祭も千穐楽ですね。お疲れさまでした。
    今回は昼夜とも 拝見することができました。
    このブログで紹介して下さった夜の部の再桜遇清水が一番印象的でした。
    妙寿さんが釣り上げたのが何だったのかがわかって、しかもよく見れば何となくかわいい気もしてきて、貴重な情報でした。ありがとうございます☆

    • 返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
      お陰さまで千穐楽まで勤めあげることができました。

      舞台も暗く、登場も一瞬ですから、分かりづらいですよね。

      良く見ればかわいく、愛着もわいてきますよ(笑)

  1. 千穐楽、おめでとうございます。

    お疲れさまでした。今月は気温の差が激しかったので、いつもに増してお疲れだと思います。
    それなのに、ブログもアップしてくださってありがとうございました。

    そのコの写真に思わず「うわぁ~!」って言ってしまいました(^_^;)
    なんとも…なんとも…妙にリアル。
    でも、撫で撫でされてちょっぴりいいコになったかな?(笑)

    あのぉ、触感は、固いんですか?口が開くなんて、パペットみたいかしら?(笑)

    1ヶ月、お魚さんは一生懸命活躍したので、少しゆっくり休んでいただきましょう。
    こういう小道具の紹介は楽しいです(^-^)
    また「何か」と共演されましたら、お願いいたします(笑)

    • 返信が遅くなり申し訳ありません。
      お陰さまで千穐楽まで勤めあげることができました。

      僕も舞台稽古の際にこの子を初めて見て、大分驚きました(笑)
      でも、毎日会ってると愛着もわいてくるもんですよ。

      感触はなんとなく固い感じですね……

      なかなか『何か』と共演することもありませんが、またありましたら必ずご紹介致します。

    • ゆきこ
    • 2017年 9月 28日

    米吉さんこんばんは!
    24日に秀山祭夜の部観に行きました。

    妙寿君が釣った不気味な生き物
    本当に、薄暗い中一瞬しか登場しなかったので
    オオサンショウウオのようなトカゲのような
    何だったんだろう?と、気になっていたので、お写真載せて頂いて嬉しいです^ ^
    それにしても、めちゃくちゃリアルですね( ̄▽ ̄;)
    妙寿君が逃げちゃうのも納得です!

    • 返信遅れてすみません……

      ご推察、ほぼ正解ですね!
      なかなかリアルに出来ていて、結構気味悪かったです(笑)
      でも、毎日毎日見てると可愛らしく感じますね!

PAGE TOP